見出し画像

多彩なラインナップのSONYデジタル一眼カメラ「α」どんな基準で選ぶ?

SONYのデジタル一眼カメラ「α(アルファ)」シリーズは、高性能・高品質が特徴です。カメラ本体のラインナップは多彩であり、どれも優れた機能を有しています。そのため、いざカメラを選ぼうとすると違いがわかりにくく、どのカメラが良いのかと迷ってしまうのではないでしょうか。

この記事では、αシリーズのカメラの特徴について、ナビゲーターのモモの花がわかりやすく説明しています。モモの花の解説を参考にしながらカメラを比較し、自分にとって納得のいくカメラを選びましょう。

【POINT】
・Aマウントは一眼レフカメラ Eマウントはミラーレスカメラ
・「α7」シリーズは標準モデルのほか高画素・高感度・コンパクトモデルも
・「α9」はプロ向けに特化 最新機能が搭載されているほか、実用に耐える設計に

画像7

SONY デジタル一眼カメラ「α」とは?

画像1

モモ:SONYのデジタル一眼カメラ「α」ってどんなカメラなの?

モモの花:簡単に説明すると、SONYのデジタル一眼カメラのブランドだよ!どの製品も高い性能を持っているからユーザーとしては満足度が高いと感じられるカメラだと言えるね!

モモ:SONYといえばオーディオ機器やゲーム機が強いイメージがあるけど、カメラの分野も強そう!

モモの花:もともとSONYが生産していたカメラは「ビデオカメラ」だけだったんだ。2006年にカメラメーカーの「コニカミノルタ」がカメラ事業を撤退したんだけど、その時にSONYが継承して、デジタル一眼カメラの分野に参入したんだよ。SONYのデジタル一眼カメラが高品質なのは、コニカミノルタとソニーの技術が融合したからといえそうだね!

「α」のラインナップ AマウントとEマウントとは?

画像2

モモ:「α」を調べるとなんだかいっぱい種類が出てくるんだけど…ラインナップについて教えて欲しいです!

モモの花:「α」のラインナップをわかりやすく説明するために、「Aマウント」と「Eマウント」の説明からはじめようか。

モモ:「Aマウント」と「Eマウント」ってなに・・・?

モモの花:まず、マウントとは「レンズマウント」のことで、カメラの本体とカメラのレンズをつなぐ部分のことを指すよ。
カメラの種類によってレンズマウントの規格は異なるけど、ある程度の互換性を持たせるために、1つのレンズマウントで複数の製品のカメラが対応できるようになっているんだ!

モモ:なるほど、便利だね!

モモの花:更に、「Aマウント」は一眼レフカメラに対応したもので、「Eマウント」はミラーレスカメラに対応している点に大きく違いがあるんだ。

モモ:一眼レフカメラとミラーレスカメラ・・・。聞いたことはあるけど、それも詳しく教えて欲しいです・・・。

モモの花:一眼レフカメラとは、レンズでとらえた景色をファインダーで直接見ることができるカメラの事をいうよ。レンズでとらえた景色はカメラの内部にあるミラーで反射されながらファインダーまで届く仕組みになっているんだ。

ミラーレスカメラとは、カメラの前に広がる景色を映像に変換して、電子ビューファインダーと液晶モニターに映す仕組みになっているカメラの事を指すよ。ミラーレスカメラの内部にはミラーがないから、カメラを小型化・軽量化することができるんだよ!

モモ:なるほど!だからミラーレスカメラって言うんだね。納得~。

Aマウント製品のラインナップ

画像3

モモ:そしたら「Aマウント」の製品ラインナップはどういうのがあるの?

モモの花:SONYのデジタル一眼カメラ「α」のうち、ソニーストアで買うことができるAマウントの製品は、「α99Ⅱ」1種類のみとなっているね。

モモ:「α99Ⅱ」はどんなカメラなの?

モモの花:簡単に説明すると、Aマウントの製品の中では高い機能を搭載していること、そして、小型化を実現したカメラなんだ!

AF(オートフォーカス)機能はAマウントの製品の中で最も優れていて、有効画素数は約4240万画素。さらに、5軸ボディ内手ブレ補正機構も搭載されている。以前に発売された機種である「α99」と比べると体積比で8%も小型化したんだよ!

モモ:なんだかよく分からないけど、すごい!!でも、小さいって事は持ち運びしやすそう!モモ、よく写真がブレてしまうから手ブレ補正は嬉しいな~♬

Eマウントは「α7」シリーズと「α9」シリーズミラーレス機

画像4

モモ:次に「Eマウント」の製品ラインナップを教えて欲しいです!

モモの花:Eマウントの製品を大まかに分けると「α7」シリーズとプロ仕様の「α9」シリーズ、お手軽な「α4桁」シリーズがありますよ!はじめにα7のシリーズについて説明すると「α7」「α7R」「α7S」「α7C」の4つのシリーズに分けられるよ。

モモ:α7のシリーズは種類が多いですね!!それぞれどのように違うんですか?

モモの花:簡単に説明するとこういうことだね!

・α7:標準モデル
・α7R:高画素モデル
・α7S:高感度モデル
・α7C:コンパクトモデル

モモ:なるほど!わかりやすいー!それぞれのモデルについて教えてください!

ーーーーーーーーーーー

標準モデル α7

モモの花:では、α7から説明するね。α7は実は世界初のフルサイズミラーレスカメラとして登場したんだ!α7は全体的にコンパクトだけど、センサーの部分は35mm判フィルムと同じサイズである「フルサイズ」なんだ。
これまでのミラーレスカメラと比べるとセンサーの部分は大きくなったんだけど、それによって有効画素数が増えて、質の高いの画像を撮影が可能になったんだ!

ーーーーーーーーーーー

高画素モデル α7R

モモの花:高画素モデルの「α7R」は、有効画素数が多いから、きめ細やかな画像の表現ができるんだ。α7Rの最新機種である「α7RⅣ」は有効画素数が約6100万とすっごく多いんだよ!
 ただ、画素数が多くなるほど夜の風景を撮影したときの画質は低くなってしまいがち。でも、α7Rシリーズは夜の風景の画質を高められる機能も持ち合わせている優れもの!その機能は「高感度耐性」と呼ばれ、ISO感度という数値で示されるよ。ちなみに、「α7RⅣ」のISO感度は最大3万2000で、背景が暗くてもきれいな画像を撮影できるんだ!

ーーーーーーーーーーー

高感度モデル α7S

モモの花:「α7S」は、高感度耐性に特化したモデルで、暗い場所で撮影する場合に発生しやすいノイズを抑えらるのが特徴だね。それによって、背景が暗くても撮影した画像は高画質になるんだ!α7Sシリーズの機種は、ISO感度がいずれも10万2400と高い数値で、また画質を問題のないレベルに抑えることで感度をより一層高められる「拡張ISO感度」は40万9600となっていて、これはずば抜けて高い数値なんだよ!

モモ:夜景をきれいに撮影するためには最適なモデルなんだね!

ーーーーーーーーーーー

コンパクトモデル α7C

モモ:「α7C」はコンパクトで使いやすそう!

モモの花:そうだね!α7Cは、小型化・軽量化に特化したモデルなんだ。コンパクトなうえにフルサイズセンサーとボディ内手ブレ補正機構など優れた機能も搭載されているよ!高性能のカメラを手軽に持ち運びながら気軽に撮影できるのは、カメラのユーザーとしてはうれしく感じるね♪

ーーーーーーーーーーー

プロも納得の高性能 α9

モモの花:α9はプロ仕様のモデルで、センサーの機能が大幅に向上していることが特徴だね。画像処理が高速化し、毎秒20コマの高速連写と最高1/32000の超高速シャッターを実現できるんだよ!さらに、撮影時に振動が発生しないほか、シャッター音も鳴らないから緊張感がみなぎるスポーツ競技の場においても見応えのある画像を撮影できるよ!

モモ:決定的瞬間を見逃すことなく撮影できることがα9シリーズの強みなんだね!

モモの花:ちなみに、α9の「9」とは、ミノルタの時代に最上位の機種に対してつけていた数字なんだ!ソニーはコニカミノルタからカメラの技術を引き継いだことを説明したけど、最上位の機種に「9」をつける伝統も合わせて引き継いだんだ。

モモ:良いエピソード~!最上位機種を意味する「9」という数字に名前負けしていなさそうだし、ソニーのカメラはどんどん進化しているんだね!

ーーーーーーーーーーー

お手軽なエントリーモデルのα4桁シリーズ

モモの花:α4桁シリーズは、上記のモデルよりも価格が抑えめのエントリーモデルだね!使用できるレンズも「APS-Cフォーマット」というお手頃なレンズだから、カメラ初心者の方におすすめできるモデルだよ!

モモ:まずはお手頃な価格のモデルからカメラを始めたい方にピッタリのモデルだね!

価格帯別 おすすめ機種

画像5

モモ:SONYのデジタル一眼カメラ「α」を買いたいというユーザーもいると思うんだけど・・・実際、価格と相談して機種を決めたい、というユーザーも少なからずいるんじゃないかなと思うので、価格別のおすすめ機種を教えてほしいです!

モモの花:お財布との相談は大事だからね。それじゃあ10万円台から50万円台まで、10万円ごとに区切って一気におすすめの機種を紹介していくよ!

モモ:よろしくお願いします!

ーーーーーーーーーーー

10万円台 α7Ⅱ・α6600

モモの花:10万円台でおすすめの機種は「α7Ⅱ」だよ。α7の後継機種で、やや古い機種だけど、世界で初めてフルサイズに対応した5軸ボディ内手ブレ補正機構が搭載されて、撮影するときの手ブレが軽減されたんだ。さらにAF機能の性能も高く、スピード感あふれる画像を撮影できるよ。

モモ:優れた機種でありながら10万円台で購入できるのは、お値打ちだね!

モモの花:新型機種が欲しい方には、「α6600」がおすすめ!こっちはAPS-Cセンサー機で、手軽に写真撮影を楽しむことができるよ。

モモ:新型機種でありながらこのお値段は欲しくなっちゃいますね!

ーーーーーーーーーーー

20万円台 α7C・α7Ⅲ

モモの花:20万円台でおすすめの機種は「α7C」です。特徴はコンパクトさを重視している点で、重量はバッテリーとメモリーカード込みで約509g。この重さなら手軽に持ち運びができるよ!また、小型・軽量という面だけでなく、他のα7シリーズと同じくフルサイズミラーレス一眼カメラだから、質の高い画像を手軽に撮影できるんだ!また、ファインダーがなくシュッとした見た目だから、特に女性に人気の機種となっているね!

モモ:それは嬉しい!

モモの花:コスパ重視で、とにかく良い画質のカメラが欲しい方には、「α7Ⅲ」がおすすめだね!この機種はゲームチェンジャーと言われるほどコスパが高く、大人気の機種となってるよ!また、「α7C」と「α7Ⅲ」はいずれも、お手頃なレンズが同梱されたモデルもあるから、カメラを始める際の最初の一台にもおすすめとなっているよ!

モモ:何を買おうか迷っても、レンズが同梱されていれば安心ですね♪

ーーーーーーーーーーー

30万円台 α7RⅢ・α7RⅣ

モモの花:30万円台でおすすめの機種は「α7RⅢ」。有効画素数は約4240万画素の高画質。高機能のセンサーと高速処理が可能な画像処理機能が搭載されているから、画像のノイズが抑えられて撮影する画像はクリアなものになるんだ!そして、毎秒10コマの高速連写が可能だよ。

モモ:高速連写ができると、一瞬のタイミングを逃すことなく、撮りたい瞬間を画像に収められるね!

モモの花:さらなる高画質のカメラを求めるなら、「α7RⅣ」がおすすめかな。有効画素数約6100万画素のセンサーを搭載した本機の映像は、圧巻の高画質。その実力が認められて、カメラグランプリ2020では大賞を受賞しているんだよ!

モモ:カメラグランプリで大賞はすごい!どんな写真が撮影できるのか気になっちゃう!!

ーーーーーーーーーーー

40万円台 α7SⅢ

モモの花:40万円台でおすすめの機種は「α7SⅢ」。有効画素数は約1210万画素で、従来のα7Sシリーズと比べると若干少なめとなっているね。ただ、それによって画像のノイズが抑えられるほか、撮影時に光を感知できる範囲を意味する「ダイナミックレンジ」が広くなっているんだ。暗闇でクリアな画像を撮影するのに最適な機種といえるね!

ーーーーーーーーーーー

50万円台 α9Ⅱ

モモの花:50万円台でおすすめの機種は「α9Ⅱ」かな。画像処理の高速化を徹底的に追求しているほかにも、最先端のAF技術、高い手ブレ補正機構が搭載されているから、決定的な瞬間を逃すことなく撮影できるよ♪ さらに、プロの使用に耐えるため防塵・防滴性能が向上したほか、堅牢なボディを備えているから、スポーツ競技の現場など厳しい環境においても高い性能を発揮するんだ!

ーーーーーーーーーーー

さらなる最高級機 α1

モモの花:そして、ソニーのカメラ技術の結晶とも言えるのが、このα1!画素数、連写速度等、何をとってもクラス最高レベルの機種!プロ向けというよりも、ソニーの持つ技術をすべて詰め込んだマニア向けの機種だね!

モモ:す、すごい!!ソニー好きならたまらない一品だね…!!

ーーーーーーーーーーー

広がるαの映像世界

モモの花:またソニーからは、映像撮影に特化した「Cinema Line」のFXシリーズや、FXシリーズに対応したシネマレンズシリーズも発売されているよ。映画の撮影とか映像撮影をプロクオリティで行う際には是非チェックしておきたいシリーズだね!

モモ:すごく濃い世界でした!!価格帯別にも、おすすめの機種を紹介していただき、ありがとうございました!

モモの花:どういたしまして!お好みの機種を選んで、画像撮影を思う存分楽しんでみてね♪

まとめ

画像6

モモの花:SONYのデジタル一眼カメラは、画質の高さ、製品の使いやすさをどこまでも追求し続けている印象を受けたように感じませんか?高画素や高感度に特化した機種があるだけでなく、コンパクトさにこだわった機種もあることから、ユーザーとしては自分自身が納得できるカメラを選べますよ♪

外での撮影に限らず、最近の新しい使い方として、例えばWEBカメラとしても使えるんですよ!PC内蔵のWEBカメラや1万円未満のWEBカメラとは確実に写りが違って綺麗な映像を映し出せるし、SONYの専用アプリケーションをダウンロードしてUSBでパソコンに繋げるだけで使えちゃうというお手軽さもあるんです。

SONYの「α」は年々進化をとげています。高品質・高機能のカメラで、高画質の画像撮影にチャレンジしてみてください!

画像8

画像9

PHOTO:Pixabay

▼So-net ブランドサイト

▼PostPet 公式サイト

こちらの記事を面白いと感じて頂けた方は、♡マークの「スキ」を是非、 お願いします。公式SNSでは、「PostPet」の4コママンガ、キャンペーンやイベントの最新情報などをいち早くお届けします♪
・Twitter   @PostPetPress 
・Instagram  @postpet_official
モモがナビするWEBマガジン。『モモなび』。 日々進化していくサービスや技術。“モモ”は専門的な事はよく分からないけど、“モモ”の目線で分かりやすくソニーグループのサービスやSo-net、ソニーネットワークコミュニケーションズについて取材していきます。